但しは(読み)タダシハ

デジタル大辞泉の解説

ただし‐は【但しは】

[接]但し3」に同じ。
「此通用金で塩を買うと味噌を買うと、―来年先来年(さらいねん)迄貯えて置うと」〈加藤弘之・交易問答〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ただしは【但しは】

( 接続 )
それとも。あるいは。 「親父にいふてこの善次を勘当させて腹いるか、-じねんに銀取るか勝手次第/浄瑠璃・二枚絵草紙

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android