コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

但し タダシ

2件 の用語解説(但しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ただ‐し【但し】

《副詞「ただ」に副助詞「」が付いたものから》
[接]
前述の事柄に対して、その条件や例外などを示す。しかし。「入場自由。但し、子供はお断り」
前述の事柄に対する推量や疑問を導く。ひょっとすると。もしかしたら。
「十月を神無月と言ひて神事にはばかるべきよしは、記したる物なし…―、当月、諸社の祭なき故にこの名あるか」〈徒然・二〇二〉
前述の事柄に対して、別の事柄を並立させる。それとも。もしくは。
「江戸橋の田村屋にせうか。―西村がおさよが所で乗らうか」〈洒・辰巳之園
[副]ただ」を強めた語。
「―三宝の加護に非ずは」〈今昔・一二・一六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ただし【但し】

( 接続 ) 〔副詞「ただ」に助詞「し」の付いた語〕
上に述べたことについて条件や例外を付け足すときに使う。しかし。だが。 「明日、運動会を行う。-、雨天の場合は中止する」 「全員集合せよ。-、病気の者は除く」
「ただ」を強めた語。 「男女十余人皆、其の難にあひて…更にたのむ所なし。-、三宝の加護に非ずは、誰か此の難を助けんと思ひ得て/今昔 12
前文に対する疑問・推量などの文を導くために使う。もしかしたら。 「十月を神無月と云ひて、神事にはばかるべきよしは記したるものなし。…-、当月諸社の祭なき故に、この名あるか/徒然 202
ところで。さて。 「 -、この大臣おとどは…清和天皇のおほぢにて/大鏡 良房
それとも。あるいは。ただしは。 「酒が飲れぬか、せめてひとり成とも出ぬか、-かへれといふ事か/浮世草子・一代女 5

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

但しの関連情報