但し(読み)タダシ

デジタル大辞泉の解説

ただ‐し【但し】

《副詞「ただ」に副助詞「」が付いたものから》
[接]
前述の事柄に対して、その条件や例外などを示す。しかし。「入場自由。但し、子供はお断り」
前述の事柄に対する推量や疑問を導く。ひょっとすると。もしかしたら。
「十月を神無月と言ひて神事にはばかるべきよしは、記したる物なし…―、当月、諸社の祭なき故にこの名あるか」〈徒然・二〇二〉
前述の事柄に対して、別の事柄を並立させる。それとも。もしくは。
「江戸橋の田村屋にせうか。―西村がおさよが所で乗らうか」〈洒・辰巳之園
[副]ただ」を強めた語。
「―三宝の加護に非ずは」〈今昔・一二・一六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ただし【但し】

( 接続 ) 〔副詞「ただ」に助詞「し」の付いた語〕
上に述べたことについて条件や例外を付け足すときに使う。しかし。だが。 「明日、運動会を行う。-、雨天の場合は中止する」 「全員集合せよ。-、病気の者は除く」
「ただ」を強めた語。 「男女十余人皆、其の難にあひて…更にたのむ所なし。-、三宝の加護に非ずは、誰か此の難を助けんと思ひ得て/今昔 12
前文に対する疑問・推量などの文を導くために使う。もしかしたら。 「十月を神無月と云ひて、神事にはばかるべきよしは記したるものなし。…-、当月諸社の祭なき故に、この名あるか/徒然 202
ところで。さて。 「 -、この大臣おとどは…清和天皇のおほぢにて/大鏡 良房
それとも。あるいは。ただしは。 「酒が飲れぬか、せめてひとり成とも出ぬか、-かへれといふ事か/浮世草子・一代女 5

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ただ‐し【但し】

(副詞「ただ」に助詞「し」のついてできたもの)
[1] 〘副〙 「ただ」の意を強めたもの。多く、漢文訓読語として用いられた。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一「愛するに偏党無きこと、羅怙羅をしたまふが如くいますものならば、唯し願ふ世尊、我に一の願を施したまへ」
※正法眼蔵(1231‐53)弁道話「さらに焼香・礼拝・念仏・修懺・看経をもちゐず、ただし打坐して身心脱落することをえよ」
[2] 〘接続〙
① 先行の事柄について補説するとき用いる。
(イ) 先行する事柄に対して、逆接的に、それに付随する条件または、例外などを追補する場合。そうでありながら。しかし。→ただし書き
※竹取(9C末‐10C初)「仰の事はいともたふとし。ただし此の玉たはやすくえ取らじを」
※徒然草(1331頃)二〇二「十月、諸社の行幸、その例も多し。ただし、多くは不吉の例なり」
(ロ) 先行の事柄に対し、推量や疑問を加えつつ補説する場合。ひょっとすると。もしかしたら。
※高野本平家(13C前)一「すべてその儀あるまじ。但(タダシ)祇王があるをはばかるか」
※虎寛本狂言・二千石(室町末‐近世初)「今度はまたあちらをむかせられた。さらばあちらへ参てうたはふ。但し、御耳が遠う成らせられたかしらぬ」
② 先行の事柄に関連して、話題をかえたり、一つの事をとりあげたりするとき用いる。ところで。さて。
※大鏡(12C前)五「かかれば、このふたところの御ありさま、かくのごとし。ただし、殿の御まへは卅より関せさせたまひて」
③ どちらとも判断しかねて、並列あるいは対立する事柄をあげる時用いる。または。それとも。ただしは。
※浮世草子・好色一代女(1686)五「酒が飲れぬか、せめてひとり成とも出ぬか、ただしかへれといふ事か」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

但しの関連情報