コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

但し タダシ

2件 の用語解説(但しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ただ‐し【但し】

《副詞「ただ」に副助詞「」が付いたものから》
[接]
前述の事柄に対して、その条件や例外などを示す。しかし。「入場自由。但し、子供はお断り」
前述の事柄に対する推量や疑問を導く。ひょっとすると。もしかしたら。
「十月を神無月と言ひて神事にはばかるべきよしは、記したる物なし…―、当月、諸社の祭なき故にこの名あるか」〈徒然・二〇二〉
前述の事柄に対して、別の事柄を並立させる。それとも。もしくは。
「江戸橋の田村屋にせうか。―西村がおさよが所で乗らうか」〈洒・辰巳之園
[副]ただ」を強めた語。
「―三宝の加護に非ずは」〈今昔・一二・一六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ただし【但し】

( 接続 ) 〔副詞「ただ」に助詞「し」の付いた語〕
上に述べたことについて条件や例外を付け足すときに使う。しかし。だが。 「明日、運動会を行う。-、雨天の場合は中止する」 「全員集合せよ。-、病気の者は除く」
「ただ」を強めた語。 「男女十余人皆、其の難にあひて…更にたのむ所なし。-、三宝の加護に非ずは、誰か此の難を助けんと思ひ得て/今昔 12
前文に対する疑問・推量などの文を導くために使う。もしかしたら。 「十月を神無月と云ひて、神事にはばかるべきよしは記したるものなし。…-、当月諸社の祭なき故に、この名あるか/徒然 202
ところで。さて。 「 -、この大臣おとどは…清和天皇のおほぢにて/大鏡 良房
それとも。あるいは。ただしは。 「酒が飲れぬか、せめてひとり成とも出ぬか、-かへれといふ事か/浮世草子・一代女 5

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

但しの関連キーワードとしなんぞなんとばし副助詞並立助詞いよしじま・うじゃ・うふとしも

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

但しの関連情報