コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位署 イショ

2件 の用語解説(位署の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い‐しょ〔ヰ‐〕【位署】

公文書に官位・姓名を記すこと。また、その書式。官と位が相当する場合は、「中納言従三位某」のように官・位・姓名の順、官と位が相当しない場合は、位・官・姓名の順に書いた。また、位が高く官が低いときは、「正二位行大納言某」のように、間に「行(ぎょう)」の字を加え、逆の場合は、「従四位上守治部卿某」のように、間に「守(しゅ)」の字を加えた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしょ【位署】

公文書に官位・姓名を続けて書くこと。また、その書式。官と位が相当する際は「権中納言従三位」のように官を上に位を下に書き、相当しない際は反対に位を上に官を下に書くが、位の方が高い場合は位と官の間に「行ぎよう」の字を(「正三位行権中納言」)、官の方が高い場合には間に「守しゆ」の字を加える(「正四位守権中納言」)など、一定のきまりがあった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

位署の関連キーワード外交文書加判公文書自署書は以て姓名を記するに足るのみ日奏公文書偽造等罪国立公文書館法日付虚偽有印公文書作成罪と有印公文書偽造罪