コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

位署 イショ

デジタル大辞泉の解説

い‐しょ〔ヰ‐〕【位署】

公文書に官位姓名を記すこと。また、その書式。官と位が相当する場合は、「中納言従三位某」のように官・位・姓名の順、官と位が相当しない場合は、位・官・姓名の順に書いた。また、位が高く官が低いときは、「正二位大納言某」のように、間に「行(ぎょう)」のを加え、逆の場合は、「従四位上治部卿某」のように、間に「守(しゅ)」の字を加えた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いしょ【位署】

公文書に官位・姓名を続けて書くこと。また、その書式。官と位が相当する際は「権中納言従三位」のように官を上に位を下に書き、相当しない際は反対に位を上に官を下に書くが、位の方が高い場合は位と官の間に「行ぎよう」の字を(「正三位行権中納言」)、官の方が高い場合には間に「守しゆ」の字を加える(「正四位守権中納言」)など、一定のきまりがあった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

位署の関連キーワード斎藤貞宜公文書官宣旨大府宣位署書国判口宣懐紙画日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

位署の関連情報