書式(読み)しょしき

ASCII.jpデジタル用語辞典「書式」の解説

書式

文字、文書体裁文字あるいは文書の体裁のこと。フォーマットやスタイルとも呼ばれる。記述形式プログラミング言語において、関数やステートメントなどの記述形式のこと。間違った書式で記述されたプログラムをコンパイルするとエラーが発生する。書式は言語によって異なる。ステートメントコンパイル

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「書式」の解説

しょ‐しき【書式】

〘名〙 文書を書く方式。証書・願書・届書などのきまった書き方。
※聖徳太子伝暦(917頃か)下「天皇問太子曰、此書如何。太子奏曰、天子賜諸侯王書式也」
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉王政維新「マダ帳簿も出来ず、上納金請取の書式(ショシキ)も出来ずと云ふから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「書式」の解説

しょ‐しき【書式】

証書・願書・届け書などのきまった書き方。「履歴書の書式
パソコンで作成する文書や表の、画面表示および印字する際に指定する形式。文字数・行数・余白・印字位置など。
[類語]形式見本ひな型手本かがみ模範範例標本サンプル体裁フォーム年式かた様式型式かたしきフォーマットスタイルモデルパターンタイプ類型定型方式スタンダードプロトタイプ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android