書式(読み)ショシキ

デジタル大辞泉 「書式」の意味・読み・例文・類語

しょ‐しき【書式】

証書願書・届け書などのきまった書き方。「履歴書書式
パソコンで作成する文書や表の、画面表示および印字する際に指定する形式文字数・行数・余白・印字位置など。
[類語]形式見本ひな型手本かがみ模範範例標本サンプル体裁フォーム年式かた様式型式かたしきフォーマットスタイルモデルパターンタイプ類型定型方式スタンダードプロトタイプ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「書式」の意味・読み・例文・類語

しょ‐しき【書式】

  1. 〘 名詞 〙 文書を書く方式。証書・願書・届書などのきまった書き方。
    1. [初出の実例]「天皇問太子曰、此書如何。太子奏曰、天子賜諸侯王書式也」(出典聖徳太子伝暦(917頃か)下)
    2. 「マダ帳簿も出来ず、上納金請取の書式(ショシキ)も出来ずと云ふから」(出典:福翁自伝(1899)〈福沢諭吉王政維新)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典 「書式」の解説

書式

文字、文書の体裁文字あるいは文書の体裁のこと。フォーマットやスタイルとも呼ばれる。記述形式プログラミング言語において、関数ステートメントなどの記述形式のこと。間違った書式で記述されたプログラムをコンパイルするとエラーが発生する。書式は言語によって異なる。ステートメントコンパイル

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典 「書式」の解説

しょしき【書式】

文書を作成するときの設定。文字のフォントや大きさ、行間字間、用紙サイズ、上下左右の余白、ヘッダー・フッターなど。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本 「書式」の解説

書式

ワープロソフトなどで使う、文字のフォントや色、大きさ、配置、1ページ当たりの行数などの設定内容のことです。これらの設定を変更することを「書式設定」といいます。
⇨フォント

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報