コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低位生産地 ていいせいさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低位生産地
ていいせいさんち

作物の収量がその地方の平均より絶対的に低い土地,または現在の技術水準からみて,改良することによって収量を向上させることのできる土地。 1947年都道府県農事試験場に補助金交付,調査員を派遣して調査を行なったことから出た名称。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android