コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低温ポリシーリコン液晶 ていおんぽりしーりこんえきしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

低温ポリシーリコン液晶

従来の製造プロセスに比べ、低温で製造したポリシーリコン液晶のこと。TFT液晶ディスプレイに使用されるトランジスタは、シリコン膜から作成される。このシリコン膜が、非結晶体であるものをアモルファスシリコンと呼び、結晶体であるものをポリシーリコンという。アモルファスシリコンに比べ、ポリシーリコンで作成したTFT液晶は、画像や動画をより鮮明に表示できる。これまでデジタルカメラの液晶パネルやノートパソコンの液晶などに利用されていたが、製造技術の進歩により、動画対応の携帯電話にも利用され始めている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

低温ポリシーリコン液晶の関連キーワード高温ポリシーリコン液晶

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android