低温ポリシーリコン液晶(読み)ていおんぽりしーりこんえきしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典「低温ポリシーリコン液晶」の解説

低温ポリシーリコン液晶

従来の製造プロセスに比べ、低温で製造したポリシーリコン液晶のこと。TFT液晶ディスプレイに使用されるトランジスタは、シリコン膜から作成される。このシリコン膜が、非結晶体であるものをアモルファスシリコンと呼び、結晶体であるものをポリシーリコンという。アモルファスシリコンに比べ、ポリシーリコンで作成したTFT液晶は、画像や動画をより鮮明に表示できる。これまでデジタルカメラの液晶パネルやノートパソコンの液晶などに利用されていたが、製造技術の進歩により、動画対応の携帯電話にも利用され始めている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android