コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アモルファスシリコン amorphous silicone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アモルファスシリコン
amorphous silicone

非晶質シリコン。その薄膜にリンを少量添加して低価格な太陽電池,感光体,薄膜トランジスタなどをつくる。アモルファスシリコンの薄膜製造方法としては,シラン SiH4グロー放電や,反応性スパッタリングイオンプレーティングなどが用いられる。原子配列が不規則で相互にからみ合った原子結合をしているため,すぐれた機械強度と耐摩耗性・電気特性を保ちながら加工性がよく,大面積のデバイス作成も可能である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アモルファスシリコンの関連キーワードポリシーリコンTFT液晶ディスプレイ低温ポリシリコンTFT技術ステーブラー‐ロンスキ効果低温ポリシーリコン液晶アモルファスデバイスアモルファス物質液晶ディスプレー光電変換材料半導性ガラス液晶テレビ液体急冷法IGZO

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android