低温乾留(読み)ていおんかんりゅう(英語表記)low-temperature carbonization

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低温乾留
ていおんかんりゅう
low-temperature carbonization

600℃付近で石炭乾留すること。成分の関係から,乾留によって形状変化の少い非粘結炭を原料とし,半成コークス低温タール,低温乾留ガスが得られる。 900~1200℃ぐらいまで加熱する場合を高温乾留という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ていおんかんりゅう【低温乾留】

摂氏500~600度で行う石炭の乾留。半成コークス(コーライト)・ガス・低温タールが得られる。現在はほとんど行われていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の低温乾留の言及

【乾留】より

…粘結炭では熱分解開始温度の前後から軟化,溶融が起こり,コールタールの発生がやむ500℃くらいでは再び固化し,さらに高温に加熱されれば良質のコークスが得られる。 石炭の乾留は低温乾留と高温乾留に区分される。低温乾留は500~600℃で行われ,一般に非粘結炭を原料とする。…

※「低温乾留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android