低温麻酔(読み)テイオンマスイ

デジタル大辞泉の解説

ていおん‐ますい〔テイヲン‐〕【低温麻酔】

麻酔薬と神経の働きを抑える薬を投与するとともに、体表面を冷却し、体温を低下させて代謝を減少させる方法。冬眠麻酔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていおんますい【低温麻酔】

手術の際、麻酔に加え、生体の代謝や酸素消費量を減少させるため人為的に体温を下げる方法。心臓や脳の手術に用いられる。冬眠麻酔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ていおん‐ますい テイヲン‥【低温麻酔】

〘名〙 心臓や脳などの大手術の際、生体を冷却し体温を下げ、物質代謝を低下させつつ行なう麻酔法。摂氏三〇~三三度で行なうが、さらに低温にすることもある。冬眠麻酔。〔生命を探検する(1964)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android