コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

低融点合金 ていゆうてんごうきんfusible alloy

2件 の用語解説(低融点合金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

低融点合金
ていゆうてんごうきん
fusible alloy

鉛の融点 (327.4℃) 以下で実用化されている合金材料。鉛-スズ合金および鉛-アンチモン合金は,原子炉の反射材や遮蔽材,陰極電極,被覆材として使われている。スズ-鉛-アンチモンは 240~300℃で溶ける軸受材料で,ディーゼルエンジン自動車エンジンなどの高荷重,高速軸受として用いられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

低融点合金の関連キーワード監査役美郷(町)(宮崎県)特別上告取締役金本知憲新幹線実現に伴う地元負担千葉県の地震被害謝石十和田湖

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone