住友鋼管(読み)すみともこうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住友鋼管
すみともこうかん

鋼管メーカー。住友金属系。 1911年日本パイプ製造として創業。 91年商標をニッパイとする。電線管の製造に始り,航空機用鋼管,自動車用鋼管,ステンレス鋼管などを製造し,現在ではアメリカのインディアナ州に自動車専用パイプの生産販売会社をつくる。 96年から建材用大口径鋼管の製造を開始。遊休施設利用としてテナントビルの運営,テニスコートの経営も行う。 99年住友金属和歌山の事業を吸収し現社名に変更。売上構成比は,構造用鋼管 63%,引抜鋼管 12%,電線用鋼管9%,配管用鋼管7%,輸出用鋼管1%,その他9%。年間売上高 213億 6900万円 (連結。うち輸出1%) ,資本金 25億 8600万円,従業員数 394名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android