コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木仲親 ささき なかちか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木仲親 ささき-なかちか

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
近江(おうみ)(滋賀県)蒲生(がもう)郡の佐々木一族大原氏の出という。鎌倉幕府につかえて備中守(びっちゅうのかみ)となる。元弘(げんこう)の乱では,途中で足利尊氏にしたがう。建武(けんむ)3年(1336)侍所頭人(さむらいどころとうにん)となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android