コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木持清 ささきもちきよ

1件 の用語解説(佐々木持清の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ささきもちきよ【佐々木持清】

1417‐70(応永24‐文明2)
室町時代の武将。法号生観。佐々木(京極)高光の子。中務少輔。大膳大夫。1441年(嘉吉1)12月,嘉吉の変で闘って死んだ叔父京極高数の跡をうけて,出雲,隠岐,飛驒3ヵ国の守護となった。1441年から47年(文安4),および49年(宝徳1)から66年(文正1)までの2度にわたって侍所頭人を務めた。応仁の乱では東軍につき,69年には,幕府(東軍)より近江守護に補任された。【下坂 守】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐々木持清の関連キーワード冷泉為尹末次上杉快尊英岩希雄智久女王道順(2)禰寝清平治仁王持政鷲尾隆敦

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone