コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木持清 ささきもちきよ

1件 の用語解説(佐々木持清の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ささきもちきよ【佐々木持清】

1417‐70(応永24‐文明2)
室町時代の武将。法号生観。佐々木(京極)高光の子。中務少輔。大膳大夫。1441年(嘉吉1)12月,嘉吉の変で闘って死んだ叔父京極高数の跡をうけて,出雲,隠岐,飛驒3ヵ国の守護となった。1441年から47年(文安4),および49年(宝徳1)から66年(文正1)までの2度にわたって侍所頭人を務めた。応仁の乱では東軍につき,69年には,幕府(東軍)より近江守護に補任された。【下坂 守】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

佐々木持清の関連キーワード伊勢貞親川内川康富記足利持氏上杉禅秀の乱シスマ足利満隆足利義量飛鳥井雅親粟田口隆光

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone