下坂(読み)シモサカ

大辞林 第三版の解説

しもさか【下坂】

室町末期、近江国長浜の下坂に興った刀工の一派。のち多くは越前えちぜんに移住。代表的刀工に康継・貞国・兼法らがいる。 → あおい下坂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くだり‐ざか【下坂】

〘名〙 (「くだりさか」とも)
① 下りになる坂道。坂の下り道。⇔上り坂
※宇治拾遺(1221頃)三「くだりざかを走るがごとく、のぼりてゆけば」
② (比喩的に) 物事が最盛期、絶頂期を過ぎて衰えていくこと。衰運に向かうこと。また、特に天気で、晴天から曇天・雨天に向かうことをいう。⇔上り坂
※夫木(1310頃)三三「柴車落とすみ山の谷深みくだりさかなる身にこそ有りけれ〈藤原為家〉」
※朝の悲しみ(1969)〈清岡卓行〉一「体力は降り坂にあるのだから」

しもさか【下坂】

〘名〙
① 天正(一五七三‐九二)頃、近江国(滋賀県)滋賀郡下坂の刀匠を総称していう。のち越前福井へ移り、この地で桃山・江戸期に栄えた一門。徳川幕府のおかかえになった下坂市之丞康継をはじめ、貞国、兼法など多くがいる。
② ①の鍛えた刀剣。葵下坂(あおいしもさか)
※浄瑠璃・長町女腹切(1712頃)中「銘なしの下坂、寸(すん)も焼(やき)もかはらぬを八両で買ひかへ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

下坂の関連情報