コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木永春 ささき ながはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木永春 ささき-ながはる

?-? 戦国時代の遣明(みん)使。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。日向(ひゅうが)(宮崎県)安国寺桂庵玄樹朱子学をまなぶ。明応4年(1495)明(中国)へわたる。永正(えいしょう)6年再度明へわたり,「送源永春還国詩画巻」をおくられて翌年帰国した。号は東林。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木永春の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android