コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐々木重晁 ささき しげあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐々木重晁 ささき-しげあき

1793-1846 江戸時代後期の武士,歌人。
寛政5年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。文政11年,のちの9代藩主徳川斉昭(なりあき)付きとなり,天保(てんぽう)3年神書取調懸,弘化(こうか)3年小姓頭取となる。「南極老人星鈔説」をあらわし,「和歌御会始(わかぎょかいはじめ)の記」を編集した。弘化3年6月9日死去。54歳。本姓は西村。字(あざな)は明候。号は了斎(りょうさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐々木重晁の関連キーワード佐々木柳庵

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android