コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐久間草偃 さくま そうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐久間草偃 さくま-そうえん

?-1814 江戸時代中期-後期の画家。
京都の人。蒔絵(まきえ)師の家に生まれる。はじめ土佐派,のち四条派の松村月渓にまなぶ。山水・花鳥画を得意とし,のち法橋(ほっきょう)となった。文化11年10月2日死去。名は顕。字(あざな)は叔徳。別号に富春館。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の佐久間草偃の言及

【円山四条派】より

…最初は蔑称であったものが,のち正式の流派名になったという。代表的画家に呉春の異母弟で流派の確立者となった松村景文のほか,長山孔寅(こういん)(1765‐1849),佐久間草偃(そうい)(?‐1828),柴田義董(1780‐1819),岡本豊彦(1773‐1845),山脇東暉(1777‐1839)らがいる。 円山四条派は以後も命脈を保ち,近代日本画の確立に大きな役割を果たした。…

※「佐久間草偃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android