コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯一麦 さえき かずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯一麦 さえき-かずみ

1959- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和34年7月21日生まれ。電気工の仕事のかたわら作品を発表する。昭和59年「木を接ぐ」で海燕新人文学賞,平成2年「ショート・サーキット」で野間文芸新人賞,3年「ア・ルース・ボーイ」で三島由紀夫賞,9年「遠き山に日は落ちて」で木山捷平文学賞。17年「鉄塔家族」で大仏次郎賞。19年「ノルゲNorge」で野間文芸賞。自身の生活をみつめた柔軟な作風を展開している。26年「還れぬ家」で毎日芸術賞。宮城県出身。仙台一高卒。本名は亨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐伯一麦の関連キーワードノルゲ Norge小説家昭和

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐伯一麦の関連情報