佐伯一麦(読み)さえき かずみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯一麦 さえき-かずみ

1959- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和34年7月21日生まれ。電気工の仕事のかたわら作品を発表する。昭和59年「木を接ぐ」で海燕新人文学賞,平成2年「ショート・サーキット」で野間文芸新人賞,3年「ア・ルース・ボーイ」で三島由紀夫賞,9年「遠き山に日は落ちて」で木山捷平文学賞。17年「鉄塔家族」で大仏次郎賞。19年「ノルゲNorge」で野間文芸賞。自身の生活をみつめた柔軟な作風を展開している。26年「還れぬ家」で毎日芸術賞。宮城県出身。仙台一高卒。本名は亨。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐伯一麦の関連情報