コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐伯孫三郎 さえき まごさぶろう

1件 の用語解説(佐伯孫三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯孫三郎 さえき-まごさぶろう

?-? 幕末-明治時代の陶工。
出羽(でわ)秋田郡の人。同地方に陶器製造のないのをうれえ,万古(ばんこ)焼風の瓦器をつくった。明治5年(1872)福島県の村田鉄之助をやとって,万古焼の技術習得のため三重県桑名に派遣。のち士族の子弟の指導にあたらせた。子の貞治が事業をついだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

佐伯孫三郎の関連キーワード加藤景久耕山(初代)壺中天佐々木与三祖苗帯山与兵衛(8代)中尾米吉松崎仙石山口縫造楽徳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone