コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦器 がき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓦器
がき

瓦質土器ともいう。日本において先史時代の土器を除いた素焼器物総称土師器 (はじき) ,須恵器を含める場合と含めない場合などがあり一定しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

が‐き〔グワ‐〕【瓦器】

素焼きの陶器。主に古代の灰黒色の土器をいう。かわらけ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がき【瓦器】

11世紀から14,15世紀ごろまで,畿内とその周辺で製作された土器。器面を密に仕上げるため,器の内外をへらで磨き,いぶし焼きをして全面に炭素を吸着させ,独特の灰黒色を呈する。碗が圧倒的に多いが,皿や釜などもある。土師器(はじき)系の土釜や皿,須恵器系の鉢や片口,すり鉢などとあわせて日常雑器として使用された。奈良・平安時代の土師器のなかに,器面をへらで磨き,炭素を吸着させた黒色土器と呼ばれるものがあるが,成形や焼成の技法と器形などはその系譜をひき,ろくろは使用していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がき【瓦器】

素焼きの土器。主に古代の土製品にいう。かわらけ。
平安から室町にかけて近畿地方で用いられた軟質の土器。表面がいぶされて灰黒色を呈する。主に食器など日常容器に用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓦器
がき

平安時代から室町時代にかけて近畿地方を中心に分布する瓦質(がしつ)の土器。精良な粘土を使用し、いぶし焼きして炭素を吸着させたもので、器表は黒色、器肉は灰白色を呈し、内外面に磨き調整がなされている。器形は椀(わん)が大半で、小椀・小皿もある。これまで手づくね成形とされていたが、内型を使用したとする説もある。中世遺跡の発掘が進むにつれ、西は瀬戸内・九州、東は鎌倉などからも出土することが明らかになってきた。[松下正司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の瓦器の言及

【陶磁器】より

…それらは大きく土師器系,須恵器系,瓷器系に分かれる。まず土師器系には土師器そのものと瓦器がある。土師器の主要な器種は食器としての椀・皿類,煮沸用の堝(なべ)(鍋)・釜類である。…

※「瓦器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

瓦器の関連キーワード勝尾城筑紫氏遺跡白井半七(2代)猿投山古窯址群泉福寺洞穴遺跡営城子壁画墓佐伯孫三郎周防国衙跡根来寺境内上牧遺跡湯納遺跡灰白色素焼き鎮壇具軟質陶瓦手焙瓷器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瓦器の関連情報