コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓦器 がき

5件 の用語解説(瓦器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瓦器
がき

瓦質土器ともいう。日本において先史時代の土器を除いた素焼の器物の総称。土師器 (はじき) ,須恵器を含める場合と含めない場合などがあり一定しない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

が‐き〔グワ‐〕【瓦器】

素焼きの陶器。主に古代の灰黒色の土器をいう。かわらけ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

がき【瓦器】

11世紀から14,15世紀ごろまで,畿内とその周辺で製作された土器。器面を密に仕上げるため,器の内外をへらで磨き,いぶし焼きをして全面に炭素を吸着させ,独特の灰黒色を呈する。碗が圧倒的に多いが,皿や釜などもある。土師器(はじき)系の土釜や皿,須恵器系の鉢や片口,すり鉢などとあわせて日常雑器として使用された。奈良・平安時代土師器のなかに,器面をへらで磨き,炭素を吸着させた黒色土器呼ばれるものがあるが,成形や焼成の技法と器形などはその系譜をひき,ろくろは使用していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

がき【瓦器】

素焼きの土器。主に古代の土製品にいう。かわらけ。
平安から室町にかけて近畿地方で用いられた軟質の土器。表面がいぶされて灰黒色を呈する。主に食器など日常容器に用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瓦器
がき

平安時代から室町時代にかけて近畿地方を中心に分布する瓦質(がしつ)の土器。精良な粘土を使用し、いぶし焼きして炭素を吸着させたもので、器表は黒色、器肉は灰白色を呈し、内外面に磨き調整がなされている。器形は椀(わん)が大半で、小椀・小皿もある。これまで手づくね成形とされていたが、内型を使用したとする説もある。中世遺跡の発掘が進むにつれ、西は瀬戸内・九州、東は鎌倉などからも出土することが明らかになってきた。[松下正司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の瓦器の言及

【陶磁器】より

…それらは大きく土師器系,須恵器系,瓷器系に分かれる。まず土師器系には土師器そのものと瓦器がある。土師器の主要な器種は食器としての椀・皿類,煮沸用の堝(なべ)(鍋)・釜類である。…

※「瓦器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瓦器の関連キーワードクレタ文明越国ランカスカジャボダブレットドイツ文字封建時代律令時代城久遺跡群山口県萩市大井

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瓦器の関連情報