佐伯平蔵(読み)さえき へいぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐伯平蔵 さえき-へいぞう

1878-1943 明治-昭和時代前期の登山ガイド。
明治11年2月13日生まれ。明治42年辻本満丸(みつまる)を案内して薬師岳にのぼる。大正2年近藤茂吉と長次郎谷から剣岳に登頂し,別山尾根をはじめてくだる。この登山のとき剣岳東面の谷のひとつが平蔵谷と命名された。10年立山案内人組合初代会長。昭和18年4月24日死去。66歳。富山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android