コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬師岳 やくしだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬師岳
やくしだけ

富山県南東部,立山連峰の南部にある山。標高 2926m。山頂部は石英斑岩から構成され,雄大な山容をもつ。山稜の東側には南稜カール,中央カール,金作谷カールなどのカール群が発達し,特別天然記念物に指定されている。古くは西山麓の有峰の人々の信仰の山として開かれた。山頂に小祠があって,宝蔵,山ノ神,薬師如来がまつられている。中部山岳国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

薬師岳【やくしだけ】

富山県南東部,立山の南に隣接する山。標高2926m。雄大な山容を呈する。南東の太郎兵衛平(2400m)から上は緩斜面が多く,山頂付近には石英斑岩からなる平たん地がある。
→関連項目大山[町]木暮理太郎

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やくしだけ【薬師岳】

富山県南東部,立山の南部にある山。標高2926m。飛驒山脈の山峰の中で最も山体が大きく,おだやかな山容を示す。山体は中生代ジュラ紀の砂岩とレキ岩を主とし,山頂は石英斑岩,東南稜付近は流紋岩からなる。東斜面には洪積世氷河の浸食の痕跡である南稜カール,中央カール,金作谷(きんさくだに)カールが整然と並び,薬師岳の圏谷群として特別天然記念物に指定されている。カール内には直径数mの岩塊が不安定に重なり,一部に岩石氷河がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕薬師岳(やくしだけ)


富山県南東部、飛騨(ひだ)山脈北西部の立山(たてやま)連峰南部の一峰。標高2926m。深田久弥(ふかだきゅうや)「日本百名山」の一つ。中部山岳(ちゅうぶさんがく)国立公園に属す。山頂に薬師如来が祀(まつ)られ、古来、山岳信仰が盛ん。東斜面の3つのカール(圏谷(けんこく))は薬師岳圏谷群として特別天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

薬師岳
やくしだけ

富山県南東部にある北アルプスの一峰。立山(たてやま)や剱(つるぎ)岳の峻険(しゅんけん)な山容に比べ、雄大だが穏やかな山容を示す。標高2926メートル。山体の大部分は中生代手取(てどり)統の砂岩からなり、山頂部は石英斑(はん)岩で構成される。東側には南稜(なんりょう)カール、中央カール、金作谷(きんさくだに)カールがあり、「薬師岳の圏谷群」として特別天然記念物に指定されている。山頂の小祠(しょうし)には薬師如来(にょらい)などが祀(まつ)られている。かつては旧暦の6月15日に西麓(せいろく)の有峰(ありみね)村(大正時代にダム建設のため離散)の住民が登山し、薬師如来に剣を奉納する風習があった。富山地方鉄道立山線有峰口駅から有峰湖畔までバスの便があり、山頂近くの太郎平小屋まで約1日の行程。[深井三郎]
『深井三郎著『黒部とその山々をゆく』(1968・古今書院)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

薬師岳の関連キーワード百名山(日本百名山)真木真昼県立自然公園有峰県立自然公園早池峰国定公園大山(富山県)赤城県立公園岩手県遠野市和倉[温泉]三俣蓮華岳黒部五郎岳佐伯平蔵有峰ダム高山植物深田久弥真昼山地鳳凰三山猿ヶ石川五色ヶ原常願寺川早池峰山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬師岳の関連情報