コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐喜浜 さきのはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐喜浜
さきのはま

高知県南東部,室戸市の北東部海岸にある集落。旧町名。 1959年近隣町村と合体して室戸市となる。佐喜浜川河口にある市場町で,慶安2 (1649) 年掘削の内陸港をもち,かつてはブリ大敷網漁業地として有名であった。木材積出し港でもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐喜浜
さきのはま

高知県南東部、室戸(むろと)市の一地区。旧佐喜浜町。直線状海岸の室戸半島東側にあり、近世初頭、土佐藩が佐喜浜川河口南岸に築港した漁村。国道55号が通じる。「俄(にわか)」が行われる佐喜浜八幡宮(はちまんぐう)の古式行事は国の選択無形民俗文化財となっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

佐喜浜の関連情報