室戸市(読み)むろと

  • むろとし
  • 室戸〔市〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高知県南東部,室戸岬一帯を含む市。 1959年室戸,室戸岬,佐喜浜吉良川の4町と羽根村が合体して市制。中心市街地の室津は,古くから漁業集落を形成し,江戸時代にはの保護を受けて捕鯨が発達した。産業の中心は漁業で,近年まで遠洋のマグロ漁業の基地として知られた室津港,室戸岬港などがある。冷凍加工,かつお節などの工場が立地。農村部では温暖な気候を利用して野菜の促成栽培,果樹栽培が行われる。台風の襲来が多いことから,岬周辺は防波堤,通信施設など全国有数の施設をもつ。四国八十八ヵ所第 24番札所最御崎寺,第 25番札所津照寺,第 26番札所金剛頂寺などがある。タチバナ,室戸岬亜熱帯性樹林および海岸植物群落は天然記念物。岬を中心とした市域南端と海岸の大部分名勝に指定され,室戸阿南海岸国定公園に属する。海岸部を国道 55号線が通る。面積 248.18km2。人口 1万3524(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

室戸市の関連情報