佐東(読み)さとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐東
さとう

広島市中部,安佐南区北東部の一地区。旧町名。 1973年広島市編入太田川の旧河道の古川を中にして東の川内 (かわうち) と西の緑井,八木からなる。川内は古くから洪水に見舞われた。広島菜の特産地。八木は雲芸街道 (現国道 54号線) に沿って開け,梅林で知られた。かつては近郊野菜栽培地域であったが,近郊住宅地へ変容した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

佐東の関連情報