コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川内 かわうち

7件 の用語解説(川内の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川内
かわうち

青森県北部,下北半島にある陸奥湾北岸,むつ市西部の旧町域。 1917年町制。 2005年むつ市に編入。林業が中心をなすが,湾内での漁業も盛んである。川内川支流の湯野川に臨んで,湯野川温泉がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川内
かわうち

愛媛県中部,松山平野東部にある地区。旧町名。 1955年川上村と三内村が合体して川内村となり,1956年中川村の一部を編入して町制。 2004年9月,重信町と合併し,東温市となる。柑橘類の栽培を中心に農林業が行なわれるが,近年電機製品などの工場が進出している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川内
せんだい

鹿児島県北西部,薩摩川内市西部の旧市域。川内平野に位置する。 1940年市制。 1951年水引 (みずひき) 村,1956年高江 (たかえ) 村,永利 (ながとし) 村の2村,1957年下東郷村の一部,1965年高城 (たかじょう) 町をそれぞれ編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川内
せんだい

那珂型軽巡洋艦」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんだい【川内】

鹿児島県北西部、川内川下流にあった市。平成16年(2004)周辺町村と合併して薩摩川内(さつませんだい)市となる。→薩摩川内

かわうち〔かはうち〕【川内】

福島県双葉郡にある村。阿武隈高地の中央部に位置し、村の約90パーセントを森林が占める。平伏(へぶす)沼はモリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川内の言及

【広島平野】より

… 太田川下流低地は最大幅3kmの低平なはんらん原であり,自然堤防などの微高地が少ないので,かつてはたびたび洪水に見舞われた。川内は太田川本流と旧河道の古川との間につくられた輪中(わじゆう)であり,広島市への野菜供給地として重要であったが,近年急速に住宅地化している。広島デルタは典型的な円弧状三角州であり,太田川がその上を6筋の分流となって流れる。…

※「川内」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川内の関連キーワード松山平野川内〈町〉富山県中新川郡舟橋村愛媛県松山市大浦愛媛県松山市小浜愛媛県松山市庄愛媛県松山市高田愛媛県伊予郡松前町愛媛県松山市丸之内愛媛県松山市三津

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川内の関連情報