コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木 やぎ

7件 の用語解説(八木の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木
やぎ

京都府中部,南丹市南部の旧町域。亀岡盆地北西部にある。 1914年町制。 1951年吉富村,富本村,新庄村の3村,1955年神吉村を編入。 2006年園部町,日吉町,美山町と合体して南丹市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

八木
やぎ

奈良県奈良盆地南部,橿原市の中心市街地。旧町名。奈良盆地中央を南北に縦貫する近世の中街道と東西に延びる初瀬街道とが交わる交通の要地に発達した古い市場町で,明治期以降,鉄道の開通とともに急速に発展,商業,市政の中心となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はち‐ぼく【八木】

8種の木。柏(かしわ)棗(なつめ)橘(たちばな)柘(つげ)楡(にれ)の称。
《米の字を分解すると八と木になるところから》のこと。
「難波の入り湊に―の商売をして」〈浮・永代蔵・一〉

やぎ【八木】

姓氏の一。
[補説]「八木」姓の人物
八木重吉(やぎじゅうきち)
八木義徳(やぎよしのり)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はちぼく【八木】

〔「米」の字を分解すると「八」「木」の二字になるので〕 米の異名。 「難波の入湊に-の商売をして/浮世草子・永代蔵 1
八種の木。すなわち、松・柏・竹・楡にれ・桑・棗なつめ・柘つげ・橘の称。はつぼく。

やぎ【八木】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八木の言及

【橿原[市]】より

…奈良県北部の市。1956年畝傍(うねび),八木,今井の3町と鴨公(かもきみ),真菅,耳成(みみなし)の3村が合体,市制。大阪のベッドタウンとして人口が急増しており,12万1988(1995)は県下第2位である。…

※「八木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八木の関連キーワード自然淘汰スキー八雲愛人松柏砂山チェリーなんか花菱ぶうぶう

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八木の関連情報