佐藤 行哉(読み)サトウ ギョウサイ

20世紀日本人名事典の解説

佐藤 行哉
サトウ ギョウサイ

大正・昭和期の郷土史家 長沼尋常小学校長。



生年
明治15(1882)年6月23日

没年
昭和42(1967)年1月20日

出生地
栃木県大内村(現・真岡市)

本名
佐藤 忠治

学歴〔年〕
栃木師範学校卒

主な受賞名〔年〕
栃木県文化功労者表彰〔昭和29年〕,勲五等双光旭日章〔昭和40年〕

経歴
教師となり、栃木県の大西尋常小学校や長沼尋常小学校などの校長を歴任。この間に足利の考古学者丸山瓦全の導きで郷土史・考古学に興味を持ち、大正5年に教職を退いた後は研究に没頭。中でも現在の真岡市にある鶏塚古墳の調査で知られ、子を背負う母親や鶏の埴輪などを発見した。また、県内各地を跋渉して文化財調査や史料収集を行い、昭和11年には労作「芳賀郡南部郷土誌」を刊行した。29年栃木県文化功労者として表彰され、さらに40年には勲五等双光旭日章を受章。晩年は幕末期の学者河野守弘が著した「下野国誌」の翻刻に心血を注いだ。著書は他に「下野の板碑」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android