佐藤九平次(読み)さとう くへいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤九平次 さとう-くへいじ

?-? 江戸時代中期-後期の陶工。
堤焼の創始者上村万右衛門の孫にあたる伝右衛門の弟子で,仙台堤人形の名工として知られた。極彩色で表現し,芸術性をたかめた。文化(1804-18)ごろに活躍。作品に「松風村雨の汐汲」などがある。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android