堤焼(読み)ツツミヤキ

大辞林 第三版の解説

つつみやき【堤焼】

陶器の一種。元禄(1688~1704)の頃から、仙台の台の原で江戸の陶工上村万右衛門が創製した陶器。のち堤町に移ったのでこの名がある。初期には茶器を焼いたが、のち日用品類が多くなった。人形は堤人形として有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

堤焼[陶磁]
つつみやき

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。江戸時代の元禄年間(1688年〜1704年)、4代仙台藩主・伊達綱村が足軽侍たちに甕や器などをつくらせたのが始まりという。その後、江戸の陶工から技術を学び、台原の土と鷺ヶ森の谷間の岩石や米の籾殻灰を釉薬として使用した素朴で力強い焼物がうまれた。江戸時代末期には、乾山流の技法を取り入れ、日用雑器だけでなく茶器や花器なども製作。いまも300年の伝統と乾山流の技を伝えている。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堤焼の関連情報