コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤焼 ツツミヤキ

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐やき【堤焼】

仙台市青葉区堤町で生産される茶器・花びん・酒器などの陶器。元禄年間(1688~1704)江戸の陶工上村万右衛門が仙台の台の原で創始。のち窯が堤町に移り、この名がついた。特に堤人形は有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

堤焼

宮城県仙台市で生産される焼き物。江戸時代中期の創始と伝えられる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

つつみやき【堤焼】

陶器の一種。元禄(1688~1704)の頃から、仙台の台の原で江戸の陶工上村万右衛門が創製した陶器。のち堤町に移ったのでこの名がある。初期には茶器を焼いたが、のち日用品類が多くなった。人形は堤人形として有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

堤焼[陶磁]
つつみやき

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。江戸時代の元禄年間(1688年〜1704年)、4代仙台藩主・伊達綱村が足軽侍たちに甕や器などをつくらせたのが始まりという。その後、江戸の陶工から技術を学び、台原の土と鷺ヶ森の谷間の岩石や米の籾殻灰を釉薬として使用した素朴で力強い焼物がうまれた。江戸時代末期には、乾山流の技法を取り入れ、日用雑器だけでなく茶器や花器なども製作。いまも300年の伝統と乾山流の技を伝えている。宮城県伝統的工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

堤焼の関連キーワード針生 乾馬(3代目)宮城県仙台市仙台(市)佐藤九平次三浦乾也針生嘉孝東北地方

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android