コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堤焼 ツツミヤキ

3件 の用語解説(堤焼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つつみ‐やき【堤焼】

仙台市青葉区堤町で生産される茶器・花びん・酒器などの陶器。元禄年間(1688~1704)江戸の陶工上村万右衛門が仙台の台の原で創始。のち窯が堤町に移り、この名がついた。特に堤人形は有名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つつみやき【堤焼】

陶器の一種。元禄(1688~1704)の頃から、仙台の台の原で江戸の陶工上村万右衛門が創製した陶器。のち堤町に移ったのでこの名がある。初期には茶器を焼いたが、のち日用品類が多くなった。人形は堤人形として有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堤焼の関連情報