堤焼(読み)ツツミヤキ

大辞林 第三版の解説

つつみやき【堤焼】

陶器の一種。元禄(1688~1704)の頃から、仙台の台の原で江戸の陶工上村万右衛門が創製した陶器。のち堤町に移ったのでこの名がある。初期には茶器を焼いたが、のち日用品類が多くなった。人形は堤人形として有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

堤焼[陶磁]
つつみやき

東北地方、宮城県の地域ブランド。
仙台市で製作されている。江戸時代の元禄年間(1688年〜1704年)、4代仙台藩主・伊達綱村が足軽侍たちに甕や器などをつくらせたのが始まりという。その後、江戸の陶工から技術を学び、台原の土と鷺ヶ森の谷間の岩石や米の籾殻灰を釉薬として使用した素朴で力強い焼物がうまれた。江戸時代末期には、乾山流の技法を取り入れ、日用雑器だけでなく茶器や花器なども製作。いまも300年の伝統と乾山流の技を伝えている。宮城県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つつみ‐やき【堤焼】

〘名〙 仙台市で生産される陶器。かつては青葉区堤町一帯に窯場があったことによる。元祿一六八八‐一七〇四)頃、江戸の陶工上村万右衛門がはじめたという。特に人形は「堤人形」として有名。明治以降は主として日用品を焼く。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堤焼の関連情報