コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汐汲 しおくみ

5件 の用語解説(汐汲の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汐汲
しおくみ

歌舞伎舞踊曲。本名題『七枚続花姿絵』。七変化の一つ。文化8 (1811) 年江戸市村座で3世坂東三津五郎が初演。作詞2世桜田治助,作曲杵屋正次郎岸沢古式部,振付1世藤間勘十郎。初演のときは長唄と常磐津の掛合であったが,文政6 (23) 年の再演から長唄になり,能『松風』に基づく汐汲物の歌舞伎舞踊のうち最も有名な作品となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しおくみ【汐汲】[歌舞伎舞踊]

歌舞伎舞踊長唄。2世桜田治助作詞、2世杵屋正次郎作曲。謡曲の「松風」に取材したもの。七変化「七枚続花の姿絵」の一つとして、文化8年(1811)江戸市村座初演。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しおくみ【汐汲】

歌舞伎舞踊。長唄。1811年(文化8)3月江戸市村座で3世坂東三津五郎により初演。七変化所作事《七枚続花の姿絵(しちまいつづきはなのすがたえ)》の一曲。作詞2世桜田治助。作曲2世杵屋正次郎。能の《松風》から取材。海女(あま)の松風が,在原行平のかたみの烏帽子,狩衣を着て恋人を偲ぶ振りをする。本来は海女の姿だったが,のちお姫様風の姿にかわった。花道での汐汲の振り,華美な傘づくしなど女方の踊りとして上演が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しおくみ【汐汲】

能の「松風」を題材とした歌舞伎舞踊の一系統。桜田治助作詞の七変化しちへんげ中の「七枚続花の姿絵」が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

汐汲
しおくみ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。3世桜田治助作詞、3世杵屋(きねや)正次郎作曲、初世藤間勘十郎振付け。1811年(文化8)3月、江戸・市村座で3世坂東(ばんどう)三津五郎が初演した七変化舞踊『七枚続花の姿絵(しちまいつづきはなのすがたえ)』の一つ。能『松風(まつかぜ)』に取材し、海女(あま)松風が恋人在原行平(ありわらのゆきひら)の形見の烏帽子狩衣(えぼしかりぎぬ)を身に着け、行平をしのぶ姿を描いたもの。汐(しお)を汲(く)む振(ふり)、須磨(すま)の浦を描写する物語、行平へのクドキ、三蓋傘(さんがいがさ)の小道具を使ったはでな傘尽くしなどを経て、能を模した舞がかりで終わる。初演は常磐津(ときわず)との掛合いであったが、現在は長唄のみ。普通、赤の着付に文金島田・金烏帽子という娘姿だが、海女の姿で踊ることもある。また、三津五郎再演の例に従い、海女を狐(きつね)の化身として、花道のすっぽんから登場する演出もある。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の汐汲の言及

【長唄】より

…文化・文政期(1804‐30)は江戸趣味的な拍子本位の舞踊曲の全盛期である。この期には俳優にも3世坂東三津五郎,3世中村歌右衛門など兼ねる役者に名人が現れ,変化物(へんげもの)舞踊が流行した結果,長唄も短編ではあるが変化物に《越後獅子》《汐汲(しおくみ)》《小原女(おはらめ)》などの傑作が生まれた。また,伴奏音楽の面でも変化の妙を示そうとして豊後節系浄瑠璃(常磐津,富本,清元)と長唄との掛合が流行したのもこのころで,《舌出三番叟(しただしさんばそう)》《晒女(さらしめ)》《角兵衛》などが掛合で上演された。…

【松風】より

鬘物(かつらもの)。古作の《汐汲(しおくみ)》を原拠にした観阿弥作の能に,世阿弥が改作の手を加えたもの。シテは海人(あま)松風の霊。…

※「汐汲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

汐汲の関連キーワード歌舞伎舞踊所作事歌舞伎唄歌舞伎狂言草摺引き素襖落うかれ坊主御座敷長唄所作立て木賊刈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汐汲の関連情報