コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極彩色 ゴクサイシキ

デジタル大辞泉の解説

ごく‐さいしき【極彩色】

種々の鮮やかな色を用いた濃密な彩り。また、派手でけばけばしい色彩。
派手な服装や厚化粧。
「何時(いつ)よりは―のただ京人形を見るように思われて」〈一葉たけくらべ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごくさいしき【極彩色】

鮮やかな色を何色も使ってあること。また、人目を引くけばけばしい彩り。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

極彩色の関連キーワードスリバダパティラカリアマン寺院スリシバスブラマニヤスワミ寺院マジックマッシュルーム(MM)ペナンのスリマリアマン寺院スリビラマカリアマン寺院カーパーレーシュワラ寺院セブ島のビバリーヒルズワットマハ―ウマデヴィメモリアルチョルテンスリマリアマン寺院ケックロックシーアジャンタ石窟群イスルムニヤ精舎カオダイ教寺院ハウパービラ源氏物語絵巻昆明池の障子台北の孔子廟会津唐人凧弄ふ・綺ふ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極彩色の関連情報