極彩色(読み)ゴクサイシキ

デジタル大辞泉の解説

ごく‐さいしき【極彩色】

種々の鮮やかな色を用いた濃密な彩り。また、派手でけばけばしい色彩。
派手な服装や厚化粧。
「何時(いつ)よりは―のただ京人形を見るように思われて」〈一葉たけくらべ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごくさいしき【極彩色】

鮮やかな色を何色も使ってあること。また、人目を引くけばけばしい彩り。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごく‐さいしき【極彩色】

〘名〙 (「ごくざいしき」とも)
① 日本画の技法の一つ。濃厚な絵の具を用い、何回も重ね塗りすること。また、一般に濃くはでな色彩。濃彩。ごくしき。
※守矢文書‐天正一〇年(1582)八月一七日・神長官信真状「京奈良之仏師を招下、極さい色にらんかん、きほうし、祗候之会廊」
② ごてごてと塗った化粧。または、はでな服装。厚化粧。
※雑俳・柳多留拾遺(1801)巻五「一生の極さいしきはよめりの日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

極彩色
(通称)
ごくさいしき

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
極彩色娘扇
初演
宝暦11.12(大坂・三桝座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極彩色の関連情報