佐藤唯之允(読み)さとう ただのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤唯之允 さとう-ただのすけ

?-? 江戸時代後期の公共事業家。
文化10年(1813)から安政3年(1856)まで熊本藩飛領の豊後(ぶんご)(大分県)久住(くじゅう)手永の惣庄屋をつとめた。阿蘇山噴火による火山灰対策や街道の改修工事などに力をそそぎ,藩札のひとつである久住札の印刷もおこなった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android