コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久住 くじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久住
くじゅう

大分県南西部,竹田市北西部の旧町域。九重火山群 (→九重山 ) の南斜面を占める。 1920年町制。 1954年白丹村と合体。 1955年都野村と合体して久住都町となるが,1957年久住町に復した。 2005年竹田市,町,直入町と合体し,竹田市となる。中心集落の久住は江戸時代は熊本藩に属し,熊本と鶴崎 (大分市) を結ぶ街道の宿駅として発展。樹枝状の谷底に展開する水田耕作を中心に,高冷地野菜の栽培,高原を利用した畜産が行なわれている。県の大規模機械化農場や種畜場などもある。阿蘇くじゅう国立公園に属し,観光・保養地となっており,久住山久住高原大船山などの観光地のほか,久住赤川温泉,法華院温泉,七里田温泉がある。大船山のミヤマキリシマ群落は国の天然記念物。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

く‐じゅう〔‐ヂユウ〕【久住】

長くとどまること。また、久しく定住すること。
「一には娑婆(しゃば)に―して、常に説法して」〈盛衰記・一八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゅう【久住】

長く住むこと。一定の場所に長く留まること。永住。 「娑婆に-して常に説法して/盛衰記 18

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久住
くじゅう

大分県南西部、直入(なおいり)郡にあった旧町名(久住町(まち))。現在は竹田(たけた)市の北西部にあたる地域。1920年(大正9)久住村が町制施行。1954年(昭和29)白丹(しらに)村と合併。1955年都野(みやこの)村と合併して久住都(くじゅうみやこ)町となり、1957年久住町と改称。2005年(平成17)竹田市に合併。旧町名は中世以来の村名による。国道442号が通じる。久住高原の牧牛と、その侵食谷の米作が主産業。トマト、キャベツ、ピーマンなどの高原野菜もつくられる。中心の久住地区は旧熊本藩領、肥後街道の宿場町として発達した。久住山(1787メートル)、大船(たいせん)山(1786メートル)一帯や、久住高原は阿蘇(あそ)くじゅう国立公園の一部。法華院(ほっけいん)温泉、赤川温泉、七里田(しちりだ)温泉など温泉も多い。[兼子俊一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

久住の関連キーワードきらりん☆レボリューション STAGE3中学生日記/一生で一番ダサイ季節久住山岳滑翔(かっしょう)大会きらりん☆レボリューション久住山荘南登山口キャンプ場大分県竹田市久住町久住熊本県阿蘇郡産山村奥阿蘇キャンプ場サチのお寺ごはん久住高原コテージ九州横断道路花のズボラ飯孤独のグルメくじゅう連山九重温泉郷ながゆ温泉久住[町]久住たかな直入[町]佐藤唯之允

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久住の関連情報