久住(読み)くじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久住
くじゅう

大分県南西部,竹田市北西部の旧町域。九重火山群 (→九重山 ) の南斜面を占める。 1920年町制。 1954年白丹村と合体。 1955年都野村と合体して久住都町となるが,1957年久住町に復した。 2005年竹田市,町,直入町と合体し,竹田市となる。中心集落の久住は江戸時代は熊本藩に属し,熊本と鶴崎 (大分市) を結ぶ街道の宿駅として発展。樹枝状の谷底に展開する水田耕作を中心に,高冷地野菜の栽培,高原を利用した畜産が行なわれている。県の大規模機械化農場や種畜場などもある。阿蘇くじゅう国立公園に属し,観光・保養地となっており,久住山久住高原大船山などの観光地のほか,久住赤川温泉,法華院温泉,七里田温泉がある。大船山のミヤマキリシマ群落は国の天然記念物。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

く‐じゅう〔‐ヂユウ〕【久住】

長くとどまること。また、久しく定住すること。
「一には娑婆(しゃば)に―して、常に説法して」〈盛衰記・一八〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くじゅう【久住】

長く住むこと。一定の場所に長く留まること。永住。 「娑婆に-して常に説法して/盛衰記 18

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久住
くじゅう

大分県南西部、直入(なおいり)郡にあった旧町名(久住町(まち))。現在は竹田市(たけたし)の北西部にあたる地域。1920年(大正9)久住村が町制施行。1954年(昭和29)白丹(しらに)村と合併。1955年都野(みやこの)村と合併して久住都(くじゅうみやこ)町となり、1957年久住町と改称。2005年(平成17)竹田市に合併。旧町名は中世以来の村名による。国道442号が通じる。久住高原の牧牛と、その侵食谷の米作が主産業。トマト、キャベツ、ピーマンなどの高原野菜もつくられる。中心の久住地区は旧熊本藩領、肥後街道の宿場町として発達した。久住山(1787メートル)、大船山(たいせんざん)(1786メートル)一帯や、久住高原は阿蘇くじゅう国立公園(あそくじゅうこくりつこうえん)の一部。法華院(ほっけいん)温泉、赤川温泉、七里田温泉(しちりだおんせん)など温泉も多い。[兼子俊一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐じゅう ‥ヂュウ【久住】

〘名〙 仏語。久しく止まること。また、久しく一定の境界または場所に住むこと。永住すること。
※正法眼蔵(1231‐53)諸悪莫作「奉行の正当恁麽時に、現成の公案ありとも、公案の始成にあらず、公案の久住にあらず」 〔大集経‐五一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久住の関連情報