佐藤庄次郎(読み)さとう しょうじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤庄次郎 さとう-しょうじろう

1875-1972 明治-昭和時代の実業家。
明治8年2月15日生まれ。農機具,おもに籾摺(もみすり)機の研究開発にとりくみ,大正11年岡山市に佐藤農機具部(現スピー)を創設。籾摺機,耕耘(こううん)機,石油発動機などを手がけ,販路を全国に拡大した。昭和14年岡山県農機具工業協同組合理事長。昭和47年7月16日死去。97歳。岡山県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android