コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤文隆 さとう ふみたか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤文隆 さとう-ふみたか

1938- 昭和後期-平成時代の物理学者。
昭和13年3月23日生まれ。47年冨松彰とともにアインシュタイン重力方程式のT-S解(冨松-佐藤解)を発見した。49年京大教授となり,51-55年同大基礎物理学研究所長。宇宙の進化やブラックホールを理論的に研究。48年仁科記念賞。平成11年日本物理学会会長。山形県出身。京大卒。著作に「ビッグバン」「量子宇宙をのぞく」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

佐藤文隆の関連キーワードオッペンハイマー(John Robert Oppenheimer)アインシュタイン(Albert Einstein)マイケルソン‐モーリーの実験野辺山太陽・宇宙電波観測所ミンコフスキーの時空世界ブラック・ホール特殊相対性理論ローレンツ変換ローレンツ収縮富松‐佐藤の解一般相対性理論宇宙背景放射ソルベー会議エディントン宇宙物理学統一場理論相対性理論林忠四郎物理学者暗黒物質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android