コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐魯那奇他 さるなかた

2件 の用語解説(佐魯那奇他の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐魯那奇他 さるなかた

日本書紀」にみえる武人。
顕宗(けんぞう)天皇3年任那(みまな)(朝鮮)を拠点に三韓の王になろうとした紀大磐(きの-おいわ)に協力。百済(くだら)(朝鮮)の適莫爾解(ちやくまくにげ)を殺し,帯山城をきずく。百済王の軍に反撃され,殺されたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐魯那奇他

没年:顕宗3(487)
生年:生年不詳
5世紀末ごろ安羅(伽耶の一国,韓国慶尚南道咸安)で活躍した倭人。顕宗軍3(487)年,紀生磐が任那(安羅)を拠点に三韓の王になろうとしたとき,生磐と共謀した。生磐と那奇他らは百済の適莫爾解を殺し,帯山城(全羅北道泰仁)を築いた。しかし百済王が派遣した軍に攻められ,生磐は城を放棄し,那奇他は殺害された。『日本書紀』に引用される『百済本記』が加不至費直(河内直),「韓腹」の佐魯麻都,阿賢移那斯らの祖先と伝える那干陀甲背,那奇他甲背はこの佐魯那奇他と同一人であり,年代的に3人の祖父であると考えられる。<参考文献>田中俊明『大伽耶連盟の興亡と「任那」』

(平野卓治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

佐魯那奇他の関連キーワード阿知使主慶尚南道南淵請安蔚山金鈴塚伽耶阿賢移那斯佐魯麻都

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone