コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三韓 さんかんSam-Han

7件 の用語解説(三韓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三韓
さんかん
Sam-Han

古代朝鮮半島南部に拠った朝鮮民族の呼称。朝鮮民族について最も古くかつ詳細に伝えた『三国志魏志東夷伝によれば,3世紀後半頃朝鮮半島南部は,馬韓五十余国,辰韓弁辰 (弁韓) がそれぞれ 12国から成り,三韓を統一する強大な国王はなく,部族乱立の状態であったとされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さん‐かん【三韓】

古代朝鮮の南半部にあった韓族の馬韓辰韓弁韓のこと。
新羅(しらぎ)百済(くだら)高句麗(こうくり)のこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

三韓【さんかん】

古代の南朝鮮の称。馬韓(ばかん),辰韓(しんかん),弁韓(べんかん)(弁辰)の総称で,《三国志》魏志東夷列伝に記されている。3世紀まで群小国の分立状態が続いたが,4世紀には百済(くだら)が馬韓を,新羅(しらぎ)が辰韓を統一した。
→関連項目神功皇后朝鮮朝鮮人

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

とっさの日本語便利帳の解説

三韓

▽(1)馬韓、辰韓、弁韓 (2)新羅(しらぎ)、百済(くだら)、高句麗

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんかん【三韓】

古代朝鮮半島の南部に割拠した韓族の総称。転じて朝鮮民族一般をさすばあいにも用いる。古代朝鮮の北西部にはいわゆる衛氏朝鮮と称する国家が存在したが,前2世紀の末ころ漢の武帝によって征服され郡県支配の中に編入された。これに反し半島南部の方面にはその統制も十分に行きわたらず,この地域の韓族は各地に分裂割拠し,その首長(長帥)たちは臣智とか邑借と自称し,また楽浪,帯方の太守を介して帰義侯とか中郎将などという中国式の官名をうけ一種の間接支配下にあったようである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さんかん【三韓】

古代、朝鮮半島の南部に割拠した韓族の三部族の総称。馬韓ばかん・辰韓しんかん・弁韓べんかん(弁辰べんしん)。
古代朝鮮の三国、百済くだら・新羅しらぎ・高句麗こうくりの総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三韓
さんかん

古代朝鮮の半島南部に住んだ韓族の総称。3世紀中ごろには、馬韓(ばかん)(50余国)、辰(しん)韓(12国)、弁辰(べんしん)(12国、弁韓ともいう)に分かれ、それぞれが小国の連合体をなしていた。4世紀に入り、朝鮮北部の楽浪(らくろう)、帯方(たいほう)郡の滅亡を契機に、三韓諸国は統合に向かい、馬韓の地は伯済(はくさい)国を中核に百済(くだら)を建て、辰韓は斯盧(しろ)国によって統合され新羅(しらぎ)となった。しかし弁辰の地は加羅(から)諸国とよばれ、小国の分立状態が続いた。なお「三韓」は後世、朝鮮の代名詞としても用いられた。[李 成 市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三韓の関連情報