コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体壁葉 たいへきようsomatopleura

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体壁葉
たいへきよう
somatopleura

脊椎動物の胚の中胚葉の分化のときに生じる内外2層の側板のうち,外胚葉に接する外側の層をさす。外側板ともいう。中胚葉は背側から腹側に向って,体節,腎節,側板に分れ,側板中胚葉は分節せず内外2層に分れて,それぞれ外側板,内側板となり,その間の腔所が体腔となる。鳥類,哺乳類では,側板は背腹に分れ,背側の体壁層は外胚葉と密着し固く結びつき行動をともにするので,この体壁層と外胚葉を合せて体壁葉と呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

体壁葉の関連キーワード卵黄嚢

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android