体腔(読み)たいこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「体腔」の解説

体腔
たいこう

動物の体内で、消化管などの諸器官と体壁の間にあるすきま(腔所)のこと。海綿動物、腔腸(こうちょう)動物にはみられない。それ以外の動物の体腔は原体腔真体腔に分けられる。胚(はい)の原腸陥入ののち、ポケット状に落ち込んだ原腸(内胚葉)と外胚葉の間のすきま、つまり胞胚腔がそのまま体腔となっている場合、これを原体腔(一次体腔)とよぶ。原体腔をもつ動物を原体腔動物といい、扁形(へんけい)動物、紐形(ひもがた)動物、線形動物、輪形動物などがこれに属する。内・外両胚葉が中胚葉により裏打ちされる場合(たとえば、脊椎(せきつい)動物胚の内臓葉と体壁葉)、この中胚葉に囲まれたすきまを真体腔(二次体腔)とよぶ。真体腔をもつ動物が真体腔動物であり、環形動物、節足動物、軟体動物、毛顎(もうがく)動物、棘皮(きょくひ)動物、原索動物および脊椎動物はこれに属する。原体腔動物の線形動物、輪形動物では外胚葉(体壁)は中胚葉で裏打ちされているが、内胚葉(内)はそうではないため、擬体腔類(偽体腔類)とする場合がある。

[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「体腔」の解説

体腔
たいこう
coelom

動物の体壁と内臓との間の空所。原生動物中生動物海綿動物刺胞動物にはないが(無体腔動物),扁形動物以上の動物には体腔があるため体腔動物と呼ばれる。体腔には発生途上の胞胚期(→胞胚)の胞胚腔がそのまま成体の体腔となる原体腔(第一次体腔,偽体腔)と嚢胚期(→嚢胚以後に形成される中胚葉で裏打ちされた真体腔(第二次体腔。→真体腔動物)とがある。哺乳類では,体腔は横隔膜によって胸腔腹腔に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「体腔」の解説

たい‐こう ‥カウ【体腔】

〘名〙 動物の体壁と内臓との間にある空所。扁形動物以上の動物に発達し、哺乳類では横隔膜により胸腔と腹腔とに分かれる。ふつう中胚(はい)葉性の壁によって囲まれ、発生的由来から原体腔と真体腔とに区別される。
野火(1951)〈大岡昇平〉二九「私は〈略〉ふくらんだ体腔を押し潰して、中に充ちた血をすすった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「体腔」の解説

体腔【たいこう】

動物の体内で外界との連絡をもたずに形成された腔所をいう。胞胚の内部卵割腔や,内臓諸器官と体壁との間の腔所(胸腔や腹腔)がこれである。排出物や生殖細胞放出のために二次的に体外と連絡するものもある。カイメン動物や腔腸動物にはない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「体腔」の解説

たい‐こう〔‐カウ〕【体×腔】

動物の体壁と内臓との間のすきま。扁形へんけい動物以上の動物に発達し、哺乳類では横隔膜により胸腔と腹腔とに分かれる。たいくう。

たい‐くう【体×腔】

たいこう(体腔)」の慣用読み医学ではこの読みを用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「体腔」の解説

たいこう【体腔 body cavity】

動物の体の中にできた空所のこと。そのでき方には発生中の卵の割球の間や,下等動物の体を満たしている間充組織の中に現れたすきまのような簡単なものから,他方,体節形成の一定の順序を経て発生するものまでいろいろの段階のものがある。そこで,前のような簡単なものを原体腔protocoel,それに対して後のものを真体腔deuterocoelと呼んで区別をしている。一般に原体腔を有するものは,無脊椎動物の中でもごく下等な種類(扁形,ひも形,袋形(たいけい)などの動物群)で,これらを原体腔類と総称する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android