コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中胚葉 ちゅうはいようmesoderm

翻訳|mesoderm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中胚葉
ちゅうはいよう
mesoderm

扁形動物以上の後生動物の初期発生途上,嚢胚期以後に,外胚葉内胚葉の間に形成される胚葉。外胚葉または内胚葉のいずれかからつくられ,集って層状をなすものと,間充織となって胚葉間の間隙を埋めるものとがある。脊椎動物では,まず脊索が分離,さらに背側に体節を分節し,腹側は側板となり,中の腔所は体腔となる。これらから筋肉系,骨格系,循環系,排出系,生殖系などが分化する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐はいよう〔‐ハイエフ〕【中×胚葉】

多細胞動物の発生初期に外胚葉内胚葉との間に構成される細胞群。骨格・筋肉・循環器生殖器などに分化する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中胚葉【ちゅうはいよう】

胚葉

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

中胚葉

 初期発生の段階で外胚葉と内胚葉の間に出現する胚葉.中胚葉から筋肉系,骨格系,循環器系,泌尿生殖器系,結合組織などが形成される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうはいよう【中胚葉】

後生動物の発生過程の囊胚のうはい期の終わりに完成する胚葉の一。外胚葉と内胚葉の間に現れ、このうちのいずれかからつくられる。将来、筋肉系・骨格系・循環系・排出系・生殖系に発達する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中胚葉
ちゅうはいよう

動物の胚発生中に生ずる胚葉の一つ。嚢(のう)胚期(あるいはこれに相当する時期)以後のある期間、外胚葉と内胚葉の間に広がる層状の細胞集団で、扁形(へんけい)動物以上にみられる。体制の単純な動物では層をなすほど密集していないので、中胚葉細胞ということもある。中胚葉は動物によって、原腸陥入時、原口周辺の細胞の分裂によって生ずる場合(扁形、袋形(たいけい)、環形、軟体、節足の各動物)と、原腸の一部から分離する場合(毛顎(もうがく)、棘皮(きょくひ)、原索、脊椎(せきつい)の各動物)がある。中胚葉は将来、体を支持する骨、軟骨、結合組織などの組織、体の内部環境を維持する、心臓を含めた血管系、リンパ系、排出器官、内分泌器官のうちのあるもの、および筋組織などに分化する。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の中胚葉の言及

【間充織】より

…間充織はさまざまな組織や器官の結合組織系の形成にあずかる重要な細胞集団であるが,無脊椎動物のカイメンやクラゲには成体になっても間充織をもつものがある。間充織を中胚葉に含めるか否かについては,発生学的にはむずかしい問題がある。たとえば,腔腸動物では三つの胚葉が区別できるという説もあるが,これは間充織を中胚葉とする考えに基づいている。…

【胚葉】より

…その結果,内外二つの細胞層,およびこの両者の間に位置する上皮性または間充織性の細胞が出現する。これらのうち,外に面した細胞層を外胚葉ectoderm,内側に向いた層を内胚葉endoderm,両者に囲まれて直接外界に接することのない細胞群を中胚葉mesodermとよぶ。受精からこの三胚葉の分化までの過程の具体的な様相はさまざまであっても,すべての多細胞動物に共通している。…

※「中胚葉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中胚葉の関連キーワード血小板由来増殖因子アクチビン多細胞動物原体腔動物ミュラー管後口動物腔腸動物中胚葉型外胚葉型間充ゲル混合腫瘍支持組織前口動物浅島誠原腸蓋裂体腔内臓葉体壁葉原体節原体腔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android