体感(読み)たいかん

精選版 日本国語大辞典「体感」の解説

たい‐かん【体感】

〘名〙
① (━する) からだに感ずること。また、からだに受ける感じ。
※灰燼(1911‐12)〈森鴎外〉一四「余り現在の固有の体感と矛盾してゐるので」
※出発は遂に訪れず(1962)〈島尾敏雄〉「あらためて峠への坂道で襲われた生臭い体感を思い出し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「体感」の解説

たいかん【体感 cenesthesia】

原語はギリシア語のkoinos(共通)+aisthēsis(感覚),つまり〈共通感覚〉に由来するように,体感は身体のさまざまな部分から脳に達する感覚であり,意識下にあって自我の原始的な基礎を構成していると考えられている。体感は局所づけられない,全身の状態の感じといえるものであって,多数の感覚と感情とが融合し,漠然ととか不快,健康感,疲労感,衰弱感などとして体験されている。このような身体的実存の意識である体感は,われわれが活動しているときには背景的意識にとどまり,障害されたときにかえってはっきりとその存在が気づかれるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android