コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体感 タイカン

世界大百科事典 第2版の解説

たいかん【体感 cenesthesia】

原語はギリシア語のkoinos(共通)+aisthēsis(感覚),つまり〈共通感覚〉に由来するように,体感は身体のさまざまな部分から脳に達する感覚であり,意識下にあって自我の原始的な基礎を構成していると考えられている。体感は局所づけられない,全身の状態の感じといえるものであって,多数の感覚と感情とが融合し,漠然と快とか不快,健康感,疲労感,衰弱感などとして体験されている。このような身体的実存の意識である体感は,われわれが活動しているときには背景的意識にとどまり,障害されたときにかえってはっきりとその存在が気づかれるものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たいかん【体感】

( 名 ) スル
体に受ける感じ。体で感じること。
内臓諸器官が受ける刺激によって起こる、飢え・吐き気・性欲などの感覚。有機感覚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

体感の関連キーワードドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔LowJ転がる香港に苔は生えないエムエックスフォーディーエクスプロラトリアムドルビーヘッドフォンフォーディーエックスバーチャルリアリティ新横浜ラーメン博物館ニンテンドー3DSディズニーランドブラジリアン柔術ボディーソニックエコ見えモニターキレートレモンウィンドチル立松あゆみカタ温度計鈴木万由香

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

体感の関連情報