コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

体表面積法則 たいひょうめんせきほうそくsurface law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

体表面積法則
たいひょうめんせきほうそく
surface law

定温動物の代謝量が,動物の大きさにかかわらず体表面積に比例するという経験法則。ドイツの生理学者 M.ループナーの提唱 (1883) 。ハト,ネズミなどの小型動物からウシなどの大型動物にいたるまで,一応通用するとされ,代謝で生じた熱の放散が体表面積に比例するというのが論拠であった。いまではこの理由づけはおおまかすぎることが指摘されているが,事実のまとめ方そのものはいまも近似的に通用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android