はと

精選版 日本国語大辞典「はと」の解説

は‐と

動作や変化が急であるさまを表わす。
① 勢いよく押し寄せたり、散ったりするさまを表わす語。ぱっと。
※高野本平家(13C前)六「はと押し寄せて〈〉三十人かりからめて」
態度、様子などが、急に変わるさまを表わす語。ぱっと。
※平家(13C前)三「其時少将けしきはとかはってよにいまはしげに見給ければ」
③ 光などが一瞬に現われ消え去るさまを表わす語。ぱっと。
※高野本平家(13C前)三「燈籠の火のやうなる物のおとどの御身より出てはと消るがごとくして失にけり」
大勢の人がいっせいに笑うさまを表わす。わっと。
※宇治拾遺(1221頃)五「人皆はとわらひけり」
[補注]実際の発音は、「はっと」「ばっと」などであったと考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android