コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何かは ナニカハ

デジタル大辞泉の解説

なにか‐は【何かは】

[連語]
反語の意を表す。何が…か、いやそんなことはない。
「折にふれば、―あはれならざらん」〈徒然・二一〉
反語の意を表す。どうして…か、いや…はしない。
「葎(むぐら)はふ下にも年は経ぬる身の―玉のうてなをも見む」〈竹取
(感動詞的に用いて)いやいや。とんでもない。
「いと賢うなり給へり、など言ふいらへに、―、いと異様(ことやう)に…など言ふも」〈・一八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにかは【何かは】

疑問・反語の意を表す。どうして…か、そんなことはない。何になろうか、何にもならない。 「葎むぐらはふ下にも年はへぬる身の-玉のうてなをも見む/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何かはの関連キーワードカー(Edward Hallett Carr)「フォレスト・ガンプ/一期一会」クールジャパン戦略第三身分とは何か卒都婆小町翡翠の髪状ハス(蓮)そこはかと後ろめたい今際の刻み驥尾に付すレビナス死出三途隔て顔費やす理無し数へ何か文才存在

何かはの関連情報