何かは(読み)ナニカハ

デジタル大辞泉の解説

なにか‐は【何かは】

[連語]
反語の意を表す。何が…か、いやそんなことはない。
「折にふれば、―あはれならざらん」〈徒然・二一〉
反語の意を表す。どうして…か、いや…はしない。
「葎(むぐら)はふ下にも年は経ぬる身の―玉のうてなをも見む」〈竹取
(感動詞的に用いて)いやいや。とんでもない。
「いと賢うなり給へり、など言ふいらへに、―、いと異様(ことやう)に…など言ふも」〈・一八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにかは【何かは】

疑問・反語の意を表す。どうして…か、そんなことはない。何になろうか、何にもならない。 「葎むぐらはふ下にも年はへぬる身の-玉のうてなをも見む/竹取」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

などか【何か】 は

「などか」を強めたいい方。
※後撰(951‐953頃)雑一・一〇七七「今までになとかは花のさかずしてよそとせあまり年ぎりはする〈藤原時平〉」

なに【何】 かは

強い疑問または反語に用いる。どうして(…することがあろうぞ)。なぜまた(…するのだろうか。合点がゆかぬ)。
※竹取(9C末‐10C初)「むぐらはふ下にも年はつぬる身の何かは玉のうてなをも見む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何かはの関連情報