コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合点 ガッテン

デジタル大辞泉の解説

がっ‐てん【合点】

[名](スル)
同意すること。うなずくこと。承知。がてん。「おっと合点
「頸(くび)に力を入れ、しっかり―しつつ」〈宮本伸子
理解すること。納得すること。得心。がてん。「一向に合点がいかない」
和歌連歌俳諧などを批評して、そのよいと思うものの肩につける「〽」「○」「・」などの印。また、その印をつけること。
回状などを見終わり了承の意を表すために、自分の名前の肩に印をつけること。
考え。心づもり。所存。
「ただ今より真人間になって孝行尽くす―なれども」〈浄・油地獄

が‐てん【合点】

[名](スル)《「がってん」の音変化》承知すること。事情などがわかること。納得。「ひとり合点
「一向に―仕らず」〈芥川・尾形了斎覚え書〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

がってん【合点】

古文書学上の用語。物事を確認し照合したしるしとして,文書の語や句の横に斜めに引いた線のこと。書状を受け取った人が,急いで返事を書くときには,勘返状といって,その書状の返事をしようとする所に合点を付し(これを勘を付けるともいう),その行間に小さく返事を書く。案文(あんもん)のうちで証拠書類として重要なものは,しかるべき人が正文と対照して,確認したしるしに〈校正了〉というような言葉を入れて,重要な個所に合点を加え,さらに裏に花押をすえる場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

がってん【合点】

( 名 ) スル
承知すること。承諾すること。 「おっと-」 「別段追ひとめて-するまで分疏いいわけしやうともせず/いさなとり 露伴
事情をよく理解すること。納得。がてん。 「 -がいく」
[0][3] 文書・表などに、承諾・照合済みの意で自分の名や項目の右肩に鉤かぎ型に引いた線。
[0][3] 和歌・連歌・俳諧などで、批評・評価の際に優れた作品の頭部もしくは左右の肩に鉤点や丸点などを付けること。また、その印。がてん。点。批点。

がてん【合点】

( 名 ) スル
〔「がってん」の転〕
事情を理解すること。承知。納得。了解。 「早はや-」 「旦那といふのは矢張自分の父だといふことを-したが/片恋 四迷
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

合点の関連キーワード受け取れる・受取れる我御女・和御女耳喧し・耳囂し胃の腑に落ちる思案に落ちる相合い・相合腑に落ちない合点承知之助やいのやいの裏釘を返すぴっしゃり腑に落ちる然知ったりガッテン!二木・似卜呑み込み山手を打つほたほたおかしな受取れる

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

合点の関連情報