コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何じゃもんじゃ ナンジャモンジャ

デジタル大辞泉の解説

なんじゃ‐もんじゃ〔なんぢやもんぢや〕【何じゃもんじゃ】

主に関東地方で、その地域で見られなかったり、きわめて珍しかったりする大木をさしていう語。千葉県香取(かとり)郡神崎町(こうざきまち)神崎神社のクスノキ、東京都明治神宮外苑ヒトツバタゴなど。あんにゃもんにゃ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なんじゃもんじゃ【何じゃもんじゃ】

その地方には珍しい樹種や巨木をさしていう称。クスノキ・ヒトツバタゴ・バクチノキなどである場合が多い。千葉県神崎町神崎神社のもの(クスノキ)、東京都明治神宮外苑のもの(ヒトツバタゴ)、筑波山のもの(アブラチャン)などが有名。あんにゃもんにゃ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何じゃもんじゃの関連キーワード何じゃもんじゃの木一葉たご

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android