コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樟/楠 クス

デジタル大辞泉の解説

くす【×樟/×楠】

くすのき

くす‐の‐き【×樟/×楠】

クスノキ科の常緑高木。暖地に自生し、高さ約20メートルにもなり、長命。葉は卵形で表面につやがある。5月ごろ、黄白色の小花を密生し、実は熟すと黒色。全体に香りがあり、樟脳(しょうのう)をとる。クスノキ科の双子葉植物は約1400種が熱帯から暖帯に分布し、葉は主に常緑で、香りのあるものが多く、タブノキニッケイクロモジなどが含まれる。くす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樟 (クスノキ・クス)

学名:Cinnamomum camphora
植物。クスノキ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

樟 (タブ)

植物。クスノキ科の常緑大高木,園芸植物,薬用植物。タブノキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

樟/楠の関連キーワード高知県安芸郡安田町唐浜大阪府八尾市北木の本大阪府八尾市南木の本大阪府八尾市木の本アナン学園高等学校ショウノウ(樟脳)大阪樟蔭女子大学チャンシュー吉備上道弟君清江(樟樹)春日大娘皇女吉備海部赤尾天神の森の樟リナロール町田 米子池田経三郎山中 篤一神原 克重山元荘兵衛慶安太平記

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android