樟/楠(読み)クス

デジタル大辞泉の解説

くす【×樟/×楠】

くすのき

くす‐の‐き【×樟/×楠】

クスノキ科の常緑高木。暖地に自生し、高さ約20メートルにもなり、長命。葉は卵形で表面につやがある。5月ごろ、黄白色の小花を密生し、実は熟すと黒色。全体に香りがあり、樟脳(しょうのう)をとる。クスノキ科の双子葉植物は約1400種が熱帯から暖帯に分布し、葉は主に常緑で、香りのあるものが多く、タブノキニッケイクロモジなどが含まれる。くす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

樟 (クスノキ・クス)

学名:Cinnamomum camphora
植物。クスノキ科の常緑高木,園芸植物,薬用植物

樟 (タブ)

植物。クスノキ科の常緑大高木,園芸植物,薬用植物。タブノキの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android