作兵衛(読み)さくべえ

大辞林 第三版の解説

さくべえ【作兵衛】

「作病」を人名に見立てた語。 掛取が来ると-うなり出し/柳多留 35

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さくびょうえ サクビャウヱ【作兵衛】

〘名〙 「さくびょう(作病)」を人名のようにいった語。さくべえ。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)二「うまひるす事せふでな、作兵衛(サクビャウヘ)と出かけた心中男、君よ憎ふは有(ある)まいがな」

さくべえ サクベヱ【作兵衛】

※雑俳・川傍柳(1780‐83)初「作兵衛様は御宿かと大晦日

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の作兵衛の言及

【松山藩】より

…江戸中期には栗田樗堂,百済魚文らにより,伊予俳諧の全盛を迎える。1732年(享保17)享保の飢饉は松山藩にも大被害を与え,種麦を枕に餓死した筒井村(現,伊予郡松前町)義農作兵衛の話が生まれた。藩内の餓死者は3400人に達したという。…

※「作兵衛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

作兵衛の関連情報