コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒井村作兵衛 つついむら さくべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筒井村作兵衛 つついむら-さくべえ

1688-1732 江戸時代中期の農民。
貞享(じょうきょう)5年2月10日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)筒井村の人。享保(きょうほう)の大飢饉(ききん)のとき,種子用の麦をのこすために手をつけず,享保17年9月23日餓死した。45歳。松山藩主は義農として表彰,義農作兵衛とたたえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

筒井村作兵衛

没年:享保17.9.23(1732.11.10)
生年:元禄1.2.10(1688.3.11)
江戸中期,伊予国(愛媛県)の篤農家。松山藩領伊予郡筒井村の貧農の家に生まれたが,温順勤勉で壮年に30aの田畑を持ち,他に小作地を耕作して模範農夫と称された。享保の大飢饉(1732)に遭い収穫皆無のなかで,村民のために播くべき麦種を残して餓死した。45歳であった。安永5(1776)年,松山藩主から「義農」として祭られた。<参考文献>景浦勉『義農作兵衛伝』(『愛媛先賢叢書』1巻)

(景浦勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

筒井村作兵衛 (つついむらさくべえ)

生年月日:1688年2月10日
江戸時代中期の伊予国の篤農家
1732年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

筒井村作兵衛の関連キーワード生年月日貞享

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android